今!この瞬間もあなたを待ってます。美人ディーラー待機中!>>詳細はこちらから

2019.11.04 Monday

オンラインカジノ 税金 ばれない

0


    オンラインカジノで得た収益については一時所得という税目に分類されます。計算式については別サイトへまとめました。

    オンラインカジノ ボーナス 税金

    計算式の結果が特別控除の上限である50万以下ならば特別控除と判断されるので納税不要になります。なので表現上「ばれない」というかそれ以前に問題にならないと思います。

    で、ばれるかばれないかという基準を考えるときには特別控除額上限を超える計算結果になる収益が発生している場合です。

    課税対象になるので確定申告で納税しますが、会社にばれないようにするには確定申告書の2面、給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法という項目にある普通徴収というところにチェックを入れることです。

    これをすることで会社には確定申告書がいかず、自宅にのみ届くので会社にオンラインカジノというよりも一時所得で儲けがあることはばれません。

    大事なのはここですね。
    2019.07.11 Thursday

    オンラインカジノ 税金 申告書

    0


      オンラインカジノで勝って払戻金が発生した場合は税金が発生します。ただ、これが特別控除額である50万以下なら申告対象外になります。

      で、申告をする必要がある場合にどの申告書を使うのかを調べました。国税庁のホームページを確認したところ、オンラインカジノの収益=一時所得なので申告書Bに該当するようです。

      これに加えて、支払調書や源泉徴収票、経費の領収書などが添付書類として必要になることもわかりました。ただ一応不慣れなうちは公式に記載はあるものの確認したほうが堅実だと思います。

      2019.07.04 Thursday

      オンラインカジノ 税金 計算式

      0


        オンラインカジノでの収益は税金の種類の中では一時所得該当し、計算式は下記のようになっています。

        一時所得=収入金額ー支出金額ー特別控除額(最大50万)

        ただこの収入金額と支出金額は語弊を招きやすい箇所です。情報サイトを見ていくと、負けた場面においては計算しないという記述があります。

        しかし実際は勝ち負けというよりも払戻金がゼロ以上であれば計算対象です。例えば10万を賭けて、4万払戻しなら6万円負けたということになりますが、払戻しが発生しているので、10万が支出、4万が収入として計算するイメージです。

        負けても収入もとい払戻金が発生していれば、計算に入れると考えるとわかりやすいと思います。といっても50万までは特別控除されるので確定申告は不要になります。

        どうしてもオンラインカジノである以上、勝ち、負けで考えてしまいがちですが、計算するときは投資の考え方に近いかもしれません。
        2019.06.29 Saturday

        オンラインカジノ 税金 スロット

        0


          スロットをはじめとしたオンラインカジノにあるゲームをプレイして収益が発生した場合税金対象になります。

          情報サイトも出ていますが一時所得扱いとなり、収益発生時に税金が発生するとされているようです。ただ税務署がチェックする際は銀行の記録になるので、収益発生時点ではチェックできないそうです。

          なので、チェックするのは手元に引き出すなどして銀行に記録が残った時点になります。で、税金を計算する際の留意点として多くの情報サイトでは負けた分は計算に入れないという記載が出ているのを見かけました。

          知り合いに税理士さんがいるので話を聞いて知ったんですが、どうも負けた場合というわけではなく、計算に使うのは収入と収入を得るのに使用した経費です。

          つまり負けたとしても収入もとい払戻金が発生したならば、それぞれ計算に入れる必要があるわけです。ただいわれてみると確かに公式に負けた金額を計算に入れないとはなっていませんでした。

          総収入ー収入を得るための支出額ー特別控除額となっているので、負けたかどうかというよりも収入が発生していること、そしてその収入にかかる経費を見る必要があるわけですね。
          2019.06.25 Tuesday

          オンラインカジノ 税金 給料

          0


            オンラインカジノで勝って収益を得ると一時所得という形になり課税対象になりますが、特別控除として最大50万の制度があるので、納税対象外になります。

            給料をもらっている場合は、20万以上の収入がある場合に確定申告が必要になるので、逆に考えると、70万未満の収益であれば確定申告は不要と考えることができます。

            そのため、勝ち金によっては確定申告対象になるかどうかが分かれるので、年度ごとに勝ち金を把握しておく必要があると思います。

            SEO対策テンプレート